ダイエット食の満足度は複数の味覚で満たす!

ダイエット飲料では痩せづらい!? 「満足感がUPする」6つの味

ItMama 2017年2月21日 21時30分 (2017年2月22日 21時10分 更新)

妊娠中に女性は多くの脂肪を蓄えてしまい、産後に体重がなかなか落ちずに悩むママは多いと思います。
そこでコンビニやスーパーで目にとまるのはカロリー0のダイエット飲料。
「カロリー0だからきっと痩せる」と思われがちですが、ダイエットや健康面で効果が出づらいという研究結果もあるようです。
今日は産後ダイエットを無理なく行う食生活についてお伝えします。

ダイエット飲料は痩せずらい!?
そんなに味に違いが無いのに、カロリーがほとんどないのならダイエット飲料を選びたくなりますよね。
でもダイエット飲料は体重減少や体重維持をしづらいと英ブリストル大学の研究で報告されています。
と言うのは、ダイエット飲料はカロリー含有量は低いと考えていることと相まって、他の食品の過剰摂取をもたらすので、肥満、2型糖尿病や肥満関連のその他の健康問題に繋がる可能性があるためだそうです。
確かに、飲み物でカロリーが0だったら「じゃあデザート食べちゃおう」という気分になりそうですものね。
満足感アップ!産後ダイエットは“味”がポイント!

南インド料理をお店で食べたことがことがある方は思い出してみてください。
インド料理のプレートには、カレーの他にも、酸味や辛味のあるピクルスのようなもの、甘いデザート、様々な味のする料理が乗っています。
アーユルヴェーダでは1食の中で“甘・塩・酸・辛・苦・渋”という6つの味を摂ることで、とても消化が良くなると考えています。
しかも6つの味を食べた方が、そんなに量を食べなくても不思議と満足感が得られます。
例えば、“カレーライス”“パスタ”“丼ぶり”など、一見ボリュームのありそうなものを食べていても何故か満たされない気分になることってないですか?

同じ単調な味だけでは量を食べても、気持ちが満たされなくなりがちです。
無理なく健康的にダイエットをするには、多くの味を楽しむと効果的かもしれません、ぜひ試してみてくださいね。
おすすめ常備菜
筆者のおすすめは豆乳スープです。豆乳って1Lで買うと絶対に余るし、開封後は3日が限度なので困ることが多いです。
なので筆者は1度に1L分のスープを作ってしまって、小分けで冷凍しています。
さつまいもやカボチャなどの甘い野菜のスープ、チリや生姜を少し加えた辛味の豆乳スープ、様々な味が楽しめます。
小さなお子さんがいるご家庭だと、ミキサーでなめらかにした、ポタージュスープとして作り置きされると良いと思います。
また、漬物やピクルスをタッパーに入れて冷蔵庫に常に置いておくのも忙しいワーママにおすすめです。
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170221/ItMama_57562.html



トップへ戻る

☆役立つダイエット情報がここにも満載です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA