クロロゲン酸の魔法?コーヒー豆に含まれる驚異のダイエット成分。

 

今の時代、特定の栄養素や成分だけをピックアップして摂取することができるということはダイエットに大いに助けになっていると思います。コーヒー豆に含まれるというこの「クロロゲン酸」も注目ですね。

ダイエットしながらアンチエイジングもできるクロロゲン酸とは!?

美BEAUTE 2017年3月1日 06時00分 (2017年3月2日 10時21分 更新)

クロロゲン酸でダイエットもアンチエイジングも

最近注目されているクロロゲン酸ですが、耳慣れない人も多いと思います。
クロロゲン酸とは、コーヒーポリフェノールと呼ばれるもので、抗酸化作用が非常に高く、その名の通りコーヒーに多く含まれています。
そして、クロロゲン酸には嬉しい多くの美容効果が沢山含まれています。

1.抗酸化作用
クロロゲン酸には、活性酸素によるダメージから体内の細胞を守ってくれる働きがあるので、老化を防ぐ効果が期待されているのです。
2.ダイエット効果
クロロゲン酸は、脂肪の蓄積を抑えてくれて脂肪肝を防いでくれるそうです。
中性脂肪が溜まった状態のメタボリックシンドロームを防いでくれます。
また、糖の吸収も抑えてくれるのです。
3.コレステロールを抑える
善玉コレステロールの機能を高めて、いらないコレステロールを肝臓に戻してくれます。

美容効果の他にも血糖値を下げてくれたり糖尿病の予防をしてくれたりと、健康面でも活躍してくれるのです。
ダイエットにもいいクロロゲン酸に副作用やアレルギーはあるの?

クロロゲン酸がコーヒーに含まれているということはわかりましたが、副作用やアレルギーなどはあるのでしょうか?

クロロゲン酸は、大量に摂取するとミネラルの吸収を妨げると言われていますが、それよりも、コーヒーを飲むことにより摂取するカフェインの方に副作用があると言われています。
カフェインは眠気を覚ましてくれますが、大量に摂取すると、不眠や精神不安定になると言われているので、そういう心配がある方はあまりコーヒーを飲みすぎないようにしましょう。
アレルギーも同様にクロロゲン酸ではなく、カフェインの方にあると言われています。
そういったことが心配な人はサプリメントで摂取するといいですね。

コーヒーで摂取する場合、インスタントでもクロロゲン酸を摂取することは可能ですが、ドリップコーヒーの方が多く摂取できるのでおススメです。
また、クロロゲン酸は焙煎が深いほど減少するので、焙煎前のグリーンコーヒーの方が抗酸化作用は高いと言われています。
また、コーヒー以外にもサツマイモや人参などの根菜に含まれているので、コーヒーが飲めない人でも簡単に摂取することが可能です。
http://www.excite.co.jp/News/woman_clm/20170301/Bibeaute_142317.html



トップへ戻る

☆役立つダイエット情報がここにも満載です


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA